日向夏

産地
宮崎県
入荷時期
1月中旬~4月

商品の特徴

見た目はグレープフルーツのようですが、グレープフルーツより酸味がすくなく、柚子の香りに似た爽やかな果実です。宮崎を代表する柑橘のひとつ「日向夏(ヒュウガナツ)」は1820年(江戸時代のころ)に発見されました。 他の県では呼び名が違い、高知県では「小夏」または「土佐小夏」、愛媛県では「ニューサマーオレンジ」の名称で親しまれいるようです。 日向夏の特徴として、中の白皮の部分に甘味があるので外皮を薄く剥いて白皮ごと食べることが出来ます。 宮崎県では昔からの食べ方で、お醤油をつけて食べるそうです。

MEMO

美味しい日向夏の選び方

明るい黄色で光沢とハリがあるものを選びましょう。
また手に持った時に、ずっしりと重みを感じられるものが果汁がしっかり詰まっています。

日向夏の保存方法

乾燥しないようにポリなどの袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。
保存性が良く、1ヶ月程もちますが早めに食べましょう。