スカイベリー

いちご王国栃木県の新品種 大きくて甘いスカイベリー

品種名
いちご
産地
栃木県
入荷時期
12月~5月

商品の特徴

 栃木県産いちごの期待の新品種「スカイベリー」 いちご界の重鎮「とちおとめ」に続く主力品種として、県内のいちご研究所で育成されました。このいちごの特徴は、まず何といってもその大きさです。とちおとめの平均重量は15gほどですが、スカイベリーは25g以上の大粒の発生割合が6割を占めます。果色は濃い赤色で光沢があり、食味は酸味が控えめなので、その分甘さ引き立つまろやかな味わいです。また、とちおとめに比べて炭そ病などに対する耐性が強く、収量が見込めることもポイントです。  一般公募で決まった「スカイベリー」という、このインパクトあるネーミングは「大きさ、美しさ、おいしさの全てが大空に届くような素晴らしい苺」を意味し、栃木県日光にまたがる百名山の一つ「皇海山(すかいさん)」にもちなんで名付けられました。

MEMO

おすすめの食べ方

いちごはビタミンCが豊富です。
ビタミンCは熱に弱いので、加熱せず、そのまま食べるのがおすすめです。
洗う際は、ヘタをそのままで洗うと、ビタミンCが損なわれにくく召し上がれます。

保存方法

購入後は冷蔵庫で保存してください。

目利きのポイント

大粒で、表面につやがあり、全体がきれいな赤で、ヘタが元気なものを選びましょう!