グリーンキウイ

品種名
ヘイワード
産地
輸入:ニュージーランド
国産:愛媛、和歌山、福岡
入荷時期
輸入:通年
国産:12月~翌3月

商品の特徴

ビタミンE・C、食物繊維、カリウム、葉酸、カルシウムなど、栄養が非常に豊富です。ビタミンCの含有量は果物の中で№1とも言われており、美肌、疲労回復、血行促進、生活習慣病の予防など、多くの効果が期待されます。 様々な効能があるため話題の“スーパーフード”としても知られるようになりました。ほとんどのスーパーマーケットで通年取り扱われていることから、もっとも手に入りやすい身近なものです。 また、産地として知られるニュージーランドでは皮ごとかぶりつくのが一般的です。農薬の心配や、グリーンキウイでは表面のうぶ毛が気になりますが、最近では有機栽培のキウイも見かけるようになりました。一度試してみてはいかがでしょうか?

MEMO

ニュージーランドが世界随一の生産国として有名ですが、実は原産国は中国です。
「チャイニーズ・グーズベリー」と呼ばれ、20世紀初頭にニュージーランドに持ち込まれたことで栽培が始まりました。漢方として使われていたものを品種改良して今の形になり、日本に入ってきたのは1960年代とされています。
輸入は通年見られますが、国産の旬は12月~翌3月の寒い時期です。
グリーンキウイよりゴールドキウイの方が甘味が強く、日本人には好まれています。国産キウイはどれも、そのゴールドキウイのように糖度が高いことが特徴です。