ほうれん草のガレット

ガレット生地を焼く前にフライパンを十分に熱すると、生地を薄く広げやすくなります。

ひとくちメモ

ひとくちメモ

生地にもほうれん草が入った、見た目も鮮やかなガレットです。塩気の効いたパンチェッタとほうれん草がよく合います。お好みでベーコンやハムにしても良いです。

  • 20 min.
  • 2 servings
  • かんたん

材料(2人分)

  • 【ガレット生地】
  • ・ほうれん草1株
  • ・そば粉40g
  • ○牛乳50ml
  • ○水50ml
  • ○卵1個
  • ・塩ひとつまみ
  • 【具材】
  • ・ほうれん草4株
  • ・パンチェッタ40g
  • ・卵2個(1枚に1個)
  • ・とろけるチーズ適量
  • ・バター適量
  • 1

    【ガレット生地】
    ほうれん草を水洗いし、軽く茹でます。茹で上がったら水気を絞り、○の材料と一緒にフードプロセッサーで攪拌します。

  • 2

    ボウルに振るったそば粉と塩を入れ、①で作った卵液を少しずつ加えて、ダマにならないように混ぜ合わせます。

    ポイント①:冷蔵庫で1~2時間ほど寝かせると、さらに美味しくなります。

  • 3

    【具材】
    ほうれん草をざく切りに、パンチェッタは一口大に切ります。フライパンにバターを加えて熱し、ほうれん草とパンチェッタを炒めます。

  • 4

    大きめのフライパンを熱したら、濡れ布巾の上に乗せて熱を均等に広げます。バターを入れて溶かし、余分なバターを拭き取ります。

    ポイント①:火加減は弱火にします。

  • 5

    ガレット生地を流し入れ(お玉1杯程度)、フライパンを傾けながら全体に薄く広げます。

    ポイント②:粉が沈殿している場合があるので、焼く直前によく混ぜましょう。

  • 6

    縁が乾いてはがれてきたら、炒めた具材を乗せて土手をつくります。チーズを周りに乗せ、卵を割り入れたら、蓋をして卵に火を通します。

  • 7

    卵に火が通り半熟になったら、フライ返しで端を折りたたみます。

  • 8

    皿に盛り付けて完成です。