社員紹介
生産者と消費者を結ぶ懸け橋となること
Mao.K
総務部 総務課
2019年入社 
Mao.K
船昌を選んだ理由
暮らしに身近な「食」にまつわる会社で働きたい、また総務部という立場から会社に携わり仕事を行いたいと考えていたからです。就職活動を行う中で船昌という会社を知り、普段何気なく手にする青果物が、様々な業界を経て私たち消費者の手元に届けられることを考えた時、表立っては出てこない仲卸会社の必要性を改めて感じました。そして数多くの仲卸会社の中でも、ただ青果物を流通させるだけでなく、消費者のニーズに応える取り組みや、青果物の魅力をより多くの人に発信する姿勢に魅力を感じ、船昌で働きたいという思いが強まりました。
仕事の内容とやりがいやおもしろさ
現在は、新卒採用を中心に、総務・庶務業務などを幅広く行っています。
採用の仕事は、まずは会社を知ってもらうことです。初めから「船昌」という会社を知っている学生はなかなかいません。そのため、大学の就職課や様々な媒体を通して情報を発信し、学生に「船昌」という会社があることを知ってもらうところから始まります。コツコツと行うことで、船昌に興味を持った学生が増えるときは嬉しく思います。
また、船昌を知らないところから、興味関心を持ち、選考を希望してくれる学生一人ひとりと向き合うことができるのも、この仕事の面白さだと感じています。学生各々の言葉から見えてくる船昌への関心や業界への思いを、より確実に拾い上げて採用につなげていきたいです。そのために船昌の良さや魅力を私自身が理解し、より多くの学生に伝えていきたいと考えています。
船昌のここが好き
単に青果物を流通させるだけの会社ではない点です。具体的には消費者のニーズに合わせた商品開発や鮮度管理、さらには船昌の社員自らが試作考案した旬の青果物を使ったレシピの発信などがあります。どうしたらより新鮮な商品をお客様に届けられるのか、調理して食べてもらえるのかなど、現状に満足せず日々取り組んでいるところに魅力を感じます。また、今までは消費者目線でしか知りえなかった「食」や「農業」といった世界が身近になりました。例えば研修の一環として行う「産地研修」では実際に産地に赴き農家さんからの話を伺いながら、苦労や工夫を知ることができました。業務を通して、青果物を「品目」ではなく「品種」で意識することが多くなり、青果物の「価値」や「美味しさ」の幅を広げるきっかけになりました。
就活生へのアドバイス
自分自身のやりたいこと、そして自分自身の適性といった自己分析は大切だと思います。その上で興味関心のある業界・職種はどの様な事業を行っているのか、業界一つとっても様々な視点からビジネスが行われています。就職活動の時だからこそ、普段の生活ではなかな知ることのできない企業を知る機会にもなります。自分自身がその企業でどのように働き成長していきたいか、自分と素直に向き合い、納得のいく就職活動になるよう、とことん追求して下さい!
ある一日のスケジュール
7:30
社内清掃、メールチェック
8:30
採用ページの内容更新
9:30
応募書類の読み込み、面接日程の調整
11:00
面接
12:00
昼食
13:00
メールチェック
13:30
新入社員面談
14:00
説明会準備・資料確認
15:00
会社説明会
16:00
業務内容整理、社内清掃
16:30
退社
※本来は9:00~18:00となりますが、
 コロナ禍での時差出勤のため勤務時間を変更しています。