会社案内
生産者と消費者の架け橋となる

企業理念

私たちは食を通じて
人に健康と幸福を
提供する。

ご挨拶

株式会社船昌は、これまで変化に対応しながら、90年余りにわたって青果物の流通に携わってきました。
近年においても、2017年に鮮度管理をより徹底するため、2ヶ所目となる低温物流センターを開設するとともに、配送会社である株式会社船昌GLOBAL CARGOを設立致しました。
これにより青果物のパッケージ、そして加工品を扱う株式会社ファームステーションと合わせ、青果物流通におけるOne Stop Serviceが実現致しました。
今後につきましては、契約産地・扱う品目を増やしていき、安定供給は勿論のこと、多様化するお客様のニーズにしっかりとした提案力で応えていけるよう努めてまいります。
食を通じて取引先や消費者の皆様によりお役に立てるよう、新たな価値を提供し続けられる企業を今後も目指していきます。
代表取締役 関野 裕
社名
株式会社船昌
事業所
【本社】
〒143-0001 東京都大田区東海3-9-5 船昌ビル
TEL:03-5492-3429 FAX:03-5492-3097
【大田市場内営業所】
〒143-0001 東京都大田区東海3-2-6
TEL:03-5492-3793 FAX:03-5755-6286
【F・C・C第1物流センター】
〒143-0001 東京都大田区東海3-2-6 大田市場ロジスティクスセンター内
TEL:03-5492-6188 FAX:03-5755-6189
【F・C・C第2物流センター】
〒143-0001 東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田1階
TEL:03-6412-9881 FAX:03-6412-9884
【TRC物流センター】
〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1 東京流通センターB棟3階BW3-1
TEL:03-6404-8618 FAX:03-6404-8619
設立日
1967年6月21日
代表取締役
関野 裕
従業員数
114名(2020年5月31日現在)
事業内容
スーパーマーケット及び全国主要市場への国内外青果物の販売
販売先、産地などへの提案、開発業務
資本金
4,147万円
売上高(完全子会社 含む)
211億1,760万円(2020年3月期実績)
株式会社 船昌         186億850万円
株式会社 ファームステーション  17億1,839万円
株式会社 船昌 GLOBAL CARGO  7億9,071万円

シンボルマークの由来

マークの船
「荒波を乗り越えて行く」「流れに沿って真っ直ぐに進む」
帆の力(ちから)の字
「力を合わせて、チームワークよく」
① 本社
〒143-0001 東京都大田区東海3-9-5 船昌ビル
TEL:03-5492-3429 FAX:03-5492-3097
② 大田市場内営業所
〒143-0001 東京都大田区東海3-2-6
TEL:03-5492-3793 FAX:03-5755-6286
③ F・C・C第1物流センター
〒143-0001 東京都大田区東海3-2-6 大田市場ロジスティクスセンター内
TEL:03-5492-6188 FAX:03-5755-6189
④ F・C・C第2物流センター
〒143-0001 東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田1階
TEL:03-6412-9881 FAX:03-6412-9884
⑤ TRC物流センター
〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1 東京流通センター B棟3階BW3-1
TEL:03-6404-8618 FAX:03-6404-8619

1924
大正13年

神田市場に果物問屋「船昌商店」を開業

1928
昭和3年

神田市場落成、「市設神田市場」となる

1941
昭和16年

太平洋戦争勃発、国の食糧統制で神田市場閉鎖

1948
昭和23年

神田市場再開
仲卸「船昌商店」として再出発

1949
昭和24年

戦後初めて台湾バナナ輸入
1本30~40円

1962
昭和37年

駒込バナナ加工所開設

1968
昭和42年

株式会社船大を吸収合併、株式会社船昌を設立

1971
昭和46年

「新市場法」公布
これにより「仲買人」の呼び名が法的に消滅し、「仲卸業者」と改められる

1974
昭和49年

輸入部門を分離独立、船昌商事株式会社を設立

1989
平成元年

神田市場が大田市場への移転にともない、船昌本社を大田市場に移転

1991
平成3年

新本社ビル完成
オレンジ・牛肉輸入自由化開始

1992
平成4年

関野進、代表取締役に就任

2004
平成16年

卸売市場法が改正され買付集荷が全面自由化

2011
平成23年

関野裕、代表取締役に就任
F・C・C(フナショウチルドセンター)第1物流センター完成

2013
平成25年

株式会社ファームステーションを完全子会社として設立

2017
平成29年

株式会社船昌GLOBAL CARGOを完全子会社として設立
F・C・C第2物流センター完成
TRC物流センター完成

ISO9001 (船昌、ファームステーション、船昌GLOBAL CARGO取得)
ISO9001は、製品やサービスに関する品質保証の国際規格で、1987年に国際標準化機構(International Organization for Standardization:ISO)で制定されました。
ISO9001は、品質管理のマネジメントシステム自体をお客様に代わって、第三者が定期的に審査し、評価するものです。
2017年11月に取得したISO9001の規格に則り、品質管理を徹底し、業務信頼性向上に取り組んでいます。
登録番号  :JMAQA-2644
審査登録範囲:株式会社船昌、株式会社ファームステーション、船昌GLOBAL CARGO
認定日   :2017年11月14日
登録改定日 :2019年1月21日 船昌GROBAL CARGO追加
ISO27001(船昌、ファームステーション 取得)
ISO27001は、情報セキュリティに関する国際規格の1つであり、その取り組みを指します。「情報セキュリティマネジメントシステム」とも呼ばれています。
ISO27001は、情報セキュリティ管理ををお客様に代わって、第三者が定期的に審査し、評価するものです。情報セキュリティに対する対策の一環として、IT企業だけでなく、顧客情報を取り扱う企業で実施されているのが特徴です。
2019年07月に取得したISO27001の規格に則り、情報の機密性、完全性及び可用性を維持し、かつ、リスクを適切に管理し、業務信頼性向上に取り組んでいます。
登録番号  :JMAQA-S176
審査登録範囲:株式会社船昌果実部・総務部・経理部・MIT部、ファームステーション営業管理部
認定日   :2019年7月11日
有機JASマーク (ファームステーション取得)
有機JAS法に基づき、有機農産物と有機農産物加工食品のJAS規格が定められ、記された規則を守り生産され有機JASマークが付与された食品にだけ「有機」や「オーガニック」と箱や袋に表示できるようになりました。
なお有機JASマークや「有機」、「オーガニック」の表示を付けるには公平な第3者である登録認定機関の認定を受けることが必要です。
株式会社ファームステーションでは、有機JAS認定を取得しており、有機農産物の小分け、パッケージングにも対応可能です。
認定番号  :HWJP796
認定事業署名:株式会社ファームステーション
認定日   :2017年3月2日
船昌が考えるCSR(企業の社会的責任)とは
企業は社会の一部であり、
持続的な発展のためには社会から「責任ある企業」として信頼を得ることが重要と思います。
不祥事、環境問題、食の安全性などが大きな社会問題となっている昨今、
ただ業績がいいというだけでなく、CSR(企業の社会的責任)に積極的に取り組む企業は、
社会の信頼を得、持続的な成長が期待できると考えます。

「私たちは食を通じて健康と幸福を提供する」の企業理念と
「私たちは、社会より必要とされる会社 (企業)、社会より信頼される会社(企業)でなければならない。
私たちは、人のため社会のために何が出来るかを常に考え、それを誠実に実行する。
全員参加の経営で、社員価値の向上(学び、育てる)を目指す。」
の経営理念を基にCSR活動を推進しています。
ご当地!絶品うまいもん甲子園様
「農林水産省」、「一般社団法人全国食の甲子園協会」様が主催しております、地域食材を使用したアイデアメニューを競う料理コンテストや、体験型課外授業、商品企画、災害地高校支援などを通して、高校生の夢の舞台を創造する食企画に協賛しております。
国内青果物
株式会社 船昌
生産者と消費者の架け橋となり、生産者の思いを大切に、
消費者の皆様の食卓が豊かになるよう提案します
VIEW MORE 
加工食品・パッケージ
株式会社 ファームステーション
小分けされた鮮度の良い商品を使って、調理時間を短縮する。
多くの人々が野菜不足を実感している時代に適した商品を提案します
VIEW MORE 
物流
株式会社 船昌 GLOBAL CARGO
株式会社船昌で取り扱う商品をコールドチェーンのもと
新鮮な状態で量販店までお届けします
VIEW MORE