枇杷

長崎県は枇杷の収穫量日本一

産地
長崎
入荷時期
3月下旬~6月

商品の特徴

なぜ長崎県の収穫量が多いのかと理由は、江戸時代に日本で唯一外国に開かれていた窓口は長崎の出島でした。 ある女性が、中国語の通訳を生業とする唐通詞からもらった種を実家に持ち帰り、畑に播いたのが長崎のビワ栽培の始まりと言われています。 この時に持ち帰った種がのちに「茂木」と呼ばれる品種となったのです。 200年近く経過した今でも、「茂木」は日本のビワ栽培面積の55%を占める主要品種となっています。その他の品種は、田中、大房などがあります。

MEMO

枇杷の効用

●ポリフェノール
ポリフェノールを含んでおり、活性酸素を抑えがん予防にも効果があるとされています。
●生薬として
枇杷の葉は昔から腰痛や腹痛など、幹部に当てると痛みに効くとして民間療法に利用されていたそうです。

保存方法

ビワは追熟しません。冷蔵庫など低温のもとでは傷みが早くなる果物の一つです。
冷やすのは食べる寸前にし、それまでは冷暗所においておきましょう。
冷暗所で2日程度が食べごろの目安です。