京芋(筍芋)

日本一大きい芋!上品な甘さの、宮崎県特産京芋

産地
宮崎県産
入荷時期
10月下旬~2月

商品の特徴

京芋は里芋の一種で、八つ頭の仲間です。「京芋」という名前の由来は、「京都の美味しい料理にあやかりたい」という思いから名づけられたそうです。頭が地上に出ている姿が筍に似ていることから「筍芋」とも呼ばれています。京都で生産されている海老芋も京芋と呼ばれているので混同しやすいですが、別物の品種になります。円筒形で、長さは大きいもので約60cm以上にもなります。肉質は粉質で身がしまっており、煮崩れしにくいのが特徴で、おでんなどの煮物に最適です。天ぷらや炊き込みごはんにしても、ホクホクとした食感を堪能できるのでオススメです。京芋の皮はぬめりが少なく剥きやすいので、調理の下ごしらえがしやすいのも特徴です。万が一、手がかゆくなるときは酢水で洗うと和らぐそうです。

MEMO

選び方

きれいな縞模様で、表面に傷や芽のないものを選びましょう。

保存方法

寒さや乾燥に弱いので、表面が乾かないように新聞紙に包んで、風通しのよい場所で保存しましょう。

栄養

主成分のほとんどが糖質のでんぷんのため、消化がよいのが特徴です。ぬめり成分のムチンが胃腸の働きを助け、胃腸の粘膜を丈夫にし、胃壁を守ります。また、食物繊維が豊富に含まれており、便秘改善に効果的です。その他にも、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウムなども多く含まれています。